読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語習得に強い動機なんていらない。

英語習得に強い動機なんていらない。

英語が話せるようになったら何がしたいとか、
英語で話したいことなんて無くてもいい。

あるに越したことはないが、必須ではない。

そんなのは、話せるようになってからついてくる。


結局、動機の弱さを理由にするのは負け犬の遠吠えに過ぎない。

モテない奴が、別に大してモテたい訳でもないし、と言って何もしないのと同じである。

他にやりたい事(時間をたくさん割きたいこと)がたくさんあるなら、
大いにそっちに時間を割くべきだし、動機の弱さを理由にするのも分かる。

だけど、他に大してやりたいこともなく、毎日だらだらと時間を浪費しているくらいなら、
例え動機が弱くても、勉強をする時間は山ほどある。

毎日1時間でいいから、英語の勉強に時間を使えたら、
英語なんて話せるようになる。

強い動機なんていらない。


ただ、勉強するだけ。

ただ、必要なことを覚えるだけ。


それだけで英語は話せるようになる。


強い動機なんてなくても、英語は話せるようになる。

逆に、どんなに強い動機があったとしても、勉強しなければ話せるようにならない。