読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜK-popアイドルは日本語が上手いのか。

なぜ韓国のアーティストたちはあんなに日本語が上手いのだろうか。

テレビで韓国のアーティストが日本語を話しているのを見るたびに思っていた。

何か特別な方法があるのだろうかと。


で、ネットとかでいろいろ検索してみたのだけど、
これという答えは無かった。

日本語と韓国語が似ているからという意見はあったけど、
なんかしっくりこなかった。


先日、YOUTUBEを適当に見ていたら、英語が話せる韓国のグループを見つけた。

そして、彼女らの英語習得方法を調べて、ひとつの結論に達した。


まず、この動画を見て欲しい。



Wonder Girlsっていう韓国のグループなんだけど、
ネイティブと問題なく英語で会話しているようにみえる。

調べたところ、ほぼ全員が帰国子女ではなく勉強で英語身につけたとのこと。
(アメリカに住んでいたことがあるメンバーもいるらしい。たぶん、右から2番目の子)

特殊な方法があるというわけではなく、ガチで頑張って身につけている。

少なくとも、この記事を読む限りそう思える。

自由時間に英語のレッスンを受けたり、毎週400単語を覚えるテストをしたり(80%以上正解しないと、間違えた単語をそれぞれ100回書かなければいけない)。

かなり、ゴリゴリに勉強している。


Soheeというメンバーは、この記事を読むとゴシップガールのDVDで韓国語と英語の字幕を見ながら知らない単語を覚えているという。

方法としては、ありがちな方法。



結局、

普通に頑張って身につけている

ということ。


日本語も同じだと思う。

空いてる時間にかなり頑張っているのだと思う。

なにか特殊な方法を使っているとかではなく。



その根性、見習いたい。