読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとんどの努力は報われる。

努力が必ずしも報われるとは限らないって初めて言った人って誰なんだろう。

当たり前のように受け入れている言葉だけど、本当にそうかな。

基本、僕は努力とか一生懸命とか強い正義的な言葉が嫌いなんだけど、実は報われない努力なんてほとんど無いんじゃないかと思い始めている。

それどころか、努力することが一番の近道なんじゃないかとさえ思ってきている。

だって、何かを成し遂げる為には、そこに至るためにステップがあって、それをひとつずつこなして積み上げていくことが結果に繋がる。

努力ってそれを実現させるための一番確実な方法だと思う。


程度の差こそあれ、明らかに間違った努力をしない限り努力は報われる。


プロ野球選手になりたかったから一生懸命努力して練習した、でもなれなかった。
ミュージシャンになりたくてライブも沢山やって、曲も作って努力したけど、なれなかった。
毎日一生懸命勉強したけど、希望大学に受からなかった。

だから、努力は報われるとは限らない。

言いたいことは分かるけど、努力した分、野球は上手くなっているはずだし、自分が良いと思う曲を形に出来た訳だし、勉強した分、多少頭は良くなっている。確かにプロ野球選手やミュージシャンにはなれなかったかも知れないけど、その努力は無駄になっていないと思う。何かの形にはなっている。努力する前と同じということは無い。

プロ野球選手やミュージシャンになるって、結局周りの人間が決めることでそもそも努力量が決めることじゃない。受験も周りと比べられるものであって、自分がどれだけ成長したかで受かる訳ではない。

努力ってあくまで自分のレベル(スキル)を上げるもの。

ミュージシャンになるためにレコード会社にデモテープを持っていって沢山営業すれば、営業力は付くけど、契約してもらえるとは限らない。


とにかく、なんだかんだ理由をつけて、人は努力をしたがらないけど、自分のスキルを伸ばす(レベルを上げる)という目的に関していえば、努力はほぼ報われる。かつ、努力が一番効果的。

当然、気持ち的には努力しているけど、実質全然努力してないとかは駄目。

机の前に10時間座っていたけど、参考書1ページしかやってないとか。

そんな徒然。